特集記事

  “オール作新”による支援活動「災害被災地復興支援・コロナ禍における福祉活動支援のための募金活動」 ...
  今年もコロナウイルス感染拡大防止の為、オンライン作新祭開催となりました。 しかし、学院祭がこのコ ...
日本人初NBAプレーヤー、田臥 勇太選手。 高校生から今日に至るまで、日本バスケット界の先頭を突っ走り「革命」 ...
  【全頁PDF版はこちらをご覧ください】   コロナ&AI時代を超える新たな教育像 「オ ...
大関作新館賞について    勝海舟によりその名が授けられたとされる「作新館」は、栃木県北部黒羽地区の ...
  卒業生165名は、コロナ禍で、修学旅行や、遠足もなく、我慢の1年間でありました。卒業式に参列できない在校生 ...

特集記事一覧

重要なお知らせ

重要なお知らせはありません。

NEWS

高校2021/03/24
2021年度大学入学試験において、東京大学(理Ⅰ)・一橋大学(法)に現役合格しました。 また、東北大学7名、筑 ...
ト英・英2021/12/01
  「PDA全国高校即興型英語ディベート合宿・大会2021」(主催:一般社団法人パーラメンタリーディ ...
情科2021/11/26
    11月26日(金)自動車整備士養成科実習棟で「日産自動車AURA貸与式」が行われました。この ...
中等2021/11/17
    10月24日(日)に行われた「ギボン日本オープンスラックライン選手権大会2021」 ...
作新2021/10/19
  第103回全国高校野球選手権大会出場ご支援の御礼     この度、作新学院高 ...
幼稚2021/09/02
見なきゃ「もったいない」運動紹介インスタ―リレーが宇都宮で行われました。 人と人とのつながりを確かなものにしな ...

過去のNEWS記事

イベントスケジュール

  • イベントの登録がありません
  • 作新高校ト英・英総進情科中等小学幼稚2021/12/22(水):第2学期終業式
  • イベントの登録がありません

トップ英進部について

未来を担う、真のグローバルエリートへ

トップ英進部・英進部は、着実に進学実績を上げ、県内私学のトップのみならず、県立トップ進学校と肩を並べる地位を確立してまいりました。「スーパーバイザー」の指導のもと、東大、京大、国公立医学部など最難関大学に向けた思考力を深める授業を展開。東京大学をはじめとした難関大学への合格者を輩出しております。まさに、学力上位層の未来をデザインできる進学校に進化し続けております。

世界を見据えた広いコミュニケーション能力、トップリーダーとしての品格と教養を備えた人材を輩出します。

英進部について

一人ひとりの学力と人間力を最大限に伸ばす

英進部は、一人ひとりに寄り添う親身な指導で、難関大学・医歯薬系大学への合格の扉を開く英進部。学力を最大限に伸ばすプログラムに加え、豊かな人間性を育むさまざまな取り組みを通じて、単に学力だけではない、人間的な成長をも実現する環境が整えられています。

総合進学部について

自ら学び、考え、社会の中核で活躍する

総合進学部がめざしているのは、自らの考えを持ち、将来、社会の中核で活躍できる人材の輩出です。どんな時でも熱い思いで真剣に生徒とかかわる教員と、クラスメイトと切磋琢磨し、互いに高め合うことのできる環境が、学習面における実力を向上させるのはもちろん、一人の人間としての着実な成長を促します。生徒の約7割が部活動に加入しており「文武両道」を実践しています。これからのグローバル社会・高度情報化社会で活躍できる知・徳・体のバランスのとれたリーダーの育成を目指し、皆さんの可能性を最大限に伸ばせるように全力でサポートします。

情報科学部について

スペシャリストとして花開く、未来へ確かな道

情報科学部で新たな自分へのステップを!「自らの意志で生き方を決定し、自立した人間として社会に貢献できる人材を育成する。」この情報科学部の教育理念の先には、一人ひとりがスペシャリストとして花開くための確かな道があります。高い理想と高度な知識、技能を養う実学を通じて、それぞれの希望進路の実現をめざします。

中等部について

心豊かな人間の育成をめざして

作新学院中等部は、学院の教育方針「一校一家」のもと、「心豊かな人間の育成」をめざして、昭和22年に創立され、卒業生は約8,000名を数えます。

明るく、生き生きとして雰囲気の中で、「知育・徳育・体育」の3つに「食育」を加えた4つの柱を教育方針に掲げ、「前向きな向上心」を常に持つ、人間性豊かな人間として成長してくれることを願います。

小学部について

知育・徳育・体育でこころ優しさと豊かさを育む

作新学院小学部は、県内でただ一つの私立小学校です。小学部では私立の特色を生かし、児童一人ひとりが個性を十分に伸ばせるよう、教職員は細かい点にまで気を配りながら指導しています。特に学院の校風である人を思いやる優しさや心の豊かさをもった人となれるように、知育・徳育・体育のバランスのとれた教育を心がけ、それを実践しています。

自分のこころで感じ、自分の頭で考え、自分のちからで行動できる子どもに

作新学院幼稚園は昭和28年に創立されました。今年で62年の歴史と伝統を重ねます。幼稚園は人間形成の基礎をつくり、子どもたちが初めて出会う小さな社会です。

「すくすく、のびのび、すこやかに」をキャッチフレーズとして、人やもの、自然にふれあい、様々な体験をすることで、自分の心で感じ、自分の頭で考え、自分の力で行動できる子どもを育てたいと日々創意工夫を凝らしています。

緑豊かな清原キャンパスで、日々に自らを新しく!

作新学院大学は、平成元年に開学し、経営学部と人間文化学部の2つの学部と大学院(経営学研究科・心理学研究科)があります。高い専門知識をもった卒業生は、公務員、銀行員、教員、臨床心理士など、さまざまな職場で活躍しています。

作新学院大学女子短期大学部は、前身である作新学院女子短期大学が昭和42年に一の沢に開学しました。現在は、幼児教育課単科の短大です。開学当初より高い就職率を誇り、栃木県内の幼稚園や保育所に多くの卒業生が勤務しています。

作新学院高等学校

トップ英進部について

未来を担う、真のグローバルエリートへ

トップ英進部・英進部は、着実に進学実績を上げ、県内私学のトップのみならず、県立トップ進学校と肩を並べる地位を確立してまいりました。「スーパーバイザー」の指導のもと、東大、京大、国公立医学部など最難関大学に向けた思考力を深める授業を展開。東京大学をはじめとした難関大学への合格者を輩出しております。まさに、学力上位層の未来をデザインできる進学校に進化し続けております。

世界を見据えた広いコミュニケーション能力、トップリーダーとしての品格と教養を備えた人材を輩出します。

英進部について

一人ひとりの学力と人間力を最大限に伸ばす

英進部は、一人ひとりに寄り添う親身な指導で、難関大学・医歯薬系大学への合格の扉を開く英進部。学力を最大限に伸ばすプログラムに加え、豊かな人間性を育むさまざまな取り組みを通じて、単に学力だけではない、人間的な成長をも実現する環境が整えられています。

総合進学部について

自ら学び、考え、社会の中核で活躍する

総合進学部がめざしているのは、自らの考えを持ち、将来、社会の中核で活躍できる人材の輩出です。どんな時でも熱い思いで真剣に生徒とかかわる教員と、クラスメイトと切磋琢磨し、互いに高め合うことのできる環境が、学習面における実力を向上させるのはもちろん、一人の人間としての着実な成長を促します。生徒の約7割が部活動に加入しており「文武両道」を実践しています。これからのグローバル社会・高度情報化社会で活躍できる知・徳・体のバランスのとれたリーダーの育成を目指し、皆さんの可能性を最大限に伸ばせるように全力でサポートします。

情報科学部について

スペシャリストとして花開く、未来へ確かな道

情報科学部で新たな自分へのステップを!「自らの意志で生き方を決定し、自立した人間として社会に貢献できる人材を育成する。」この情報科学部の教育理念の先には、一人ひとりがスペシャリストとして花開くための確かな道があります。高い理想と高度な知識、技能を養う実学を通じて、それぞれの希望進路の実現をめざします。

作新学院中等部

中等部について

心豊かな人間の育成をめざして

作新学院中等部は、学院の教育方針「一校一家」のもと、「心豊かな人間の育成」をめざして、昭和22年に創立され、卒業生は約8,000名を数えます。

明るく、生き生きとして雰囲気の中で、「知育・徳育・体育」の3つに「食育」を加えた4つの柱を教育方針に掲げ、「前向きな向上心」を常に持つ、人間性豊かな人間として成長してくれることを願います。

作新学院小学部

小学部について

知育・徳育・体育でこころ優しさと豊かさを育む

作新学院小学部は、県内でただ一つの私立小学校です。小学部では私立の特色を生かし、児童一人ひとりが個性を十分に伸ばせるよう、教職員は細かい点にまで気を配りながら指導しています。特に学院の校風である人を思いやる優しさや心の豊かさをもった人となれるように、知育・徳育・体育のバランスのとれた教育を心がけ、それを実践しています。

作新学院幼稚園

自分のこころで感じ、自分の頭で考え、自分のちからで行動できる子どもに

作新学院幼稚園は昭和28年に創立されました。今年で62年の歴史と伝統を重ねます。幼稚園は人間形成の基礎をつくり、子どもたちが初めて出会う小さな社会です。

「すくすく、のびのび、すこやかに」をキャッチフレーズとして、人やもの、自然にふれあい、様々な体験をすることで、自分の心で感じ、自分の頭で考え、自分の力で行動できる子どもを育てたいと日々創意工夫を凝らしています。

作新学院大学・短大

緑豊かな清原キャンパスで、日々に自らを新しく!

作新学院大学は、平成元年に開学し、経営学部と人間文化学部の2つの学部と大学院(経営学研究科・心理学研究科)があります。高い専門知識をもった卒業生は、公務員、銀行員、教員、臨床心理士など、さまざまな職場で活躍しています。

作新学院大学女子短期大学部は、前身である作新学院女子短期大学が昭和42年に一の沢に開学しました。現在は、幼児教育課単科の短大です。開学当初より高い就職率を誇り、栃木県内の幼稚園や保育所に多くの卒業生が勤務しています。