学校紹介

高等学校長あいさつ

学院長

船田 元

私たち作新学院は、明治18(1885)年の創立以来、134年の「伝統」を築き上げてまいりました。
その一方で私たちは、変化し続ける社会に対応できる新しい人材を育む、「作新民。」という建学の精神を広げてきました。いわば「伝統」と「革新」の2つの柱が私たちの学びの特徴なのです。

8年連続で夏の甲子園に出場した硬式野球部の活躍や、リオオリンピックでの本校卒業生の萩野公介さんの金メダル獲得や清水咲子さんの活躍は、この「伝統」と「革新」をしっかりと踏まえ、自ら学び、自ら行動することにより発揮できた、まさに「人間力」の賜物だったのではないでしょうか。

私たち作新学院は、皆さんの「人間力」を最大限に伸ばすため、全力でサポートしていきます。

高等学校の概要

学校法人名 学校法人作新学院 作新学院高等学校
創立年月 明治18年9月28日(1885年)
学院長 船田元
理事長 船田恵
高等学校長 船田元
所在地 〒320-8525 栃木県宇都宮市一の沢1丁目1番41号
TEL 028-648-1811 FAX 028-648-8408
https://www.sakushin.ac.jp/
交通案内 〈JR宇都宮駅利用〉
西口バスターミナル⑥⑦番乗り場から関東バス「作新学院駒生」行き乗車「作新学院前」下車
〈東武宇都宮駅利用〉
東武宇都宮駅前バス乗り場から関東バス「作新学院駒生」行き乗車「作新学院前」下車

高等学校の沿革

おもな出来事
1885(明治18)年船田兵吾が私立下野英学校を創立
1888(明治21)年旧黒羽藩の藩校「作新館」の名を受け継ぎ、私立作新館と改称
1895(明治28)年私立尋常中学作新館と改称
1899(明治32)年私立下野中学校と改称
1925(大正14)年財団法人下野中学校に改組
1941(昭和16)年船田中・船田小常が作新館高等女学校を創立
1947(昭和22)年下野中学校と作新館高等女学校を合併し、高等部と中等部で組織する財団法人作新学院を設立
1950(昭和25)年学校法人作新学院と改組
1952(昭和27)年校章及び学院歌を制定
1953(昭和28)年男子部・女子部の2部制とする
1955(昭和30)年商業科を設置
1959(昭和34)年図書館完成
1960(昭和35)年工業科(電気科、電子科)を設置
法人名を学校法人船田教育会と改称
1962(昭和37)年家庭科を設置
硬式野球部全国初の甲子園春夏連続優勝
1965(昭和40)年デザイン科を設置
1966(昭和41)年家庭科を家政科に科名変更
1968(昭和43)年創立者船田兵吾生誕100年記念式典挙行
「作新賛歌」を制定
1971(昭和46)年情報処理科を設置
1982(昭和57)年電気科に電気工事士養成コース認可
1985(昭和60)年創立100周年記念式典挙行
1988(昭和63)年英進部を新設(英進部・男子部・女子部の3部制となる)
1989(平成元)年家政科を生活科学科、デザイン科を美術デザイン科に科名変更
1991(平成3)年情報科学部を新設(英進部・男子部・女子部・情報科学部の4部制となる)
商業科を流通経済科に科名変更
総合体育館完成
2003(平成15)年作新学院高等部を作新学院高等学校へ名称変更
総合進学部を設置
2006(平成18)年流通経済科をビジネンスサイエンス科、情報科をコンピュータサイエンス科、電気・電子科を電気・電子システム科、生活科学科をライフデザイン科へ科名変更
自動車整備士養成科と普通科総合選択コースを設置
2010(平成22)年情報科学部ビジネスサイエンス科とコンピュータサイエンス科を統合し、商業システム科へ科名変更
2011(平成23)年文部科学省よりスーパー・サイエンス・ハイスクール(SSH)指定
(~5年間)
2013(平成25)年総合室内練習場完成
2015(平成27)年創立130周年記念式典挙行
トップ英進部を設置
小惑星に「SAKUSHIN GAKUIN」と命名
2016(平成28)年硬式野球部夏の甲子園大会優勝(54年ぶり2度目)
2017(平成29)年作新アカデミア・ラボ完成