情科 ライフデザイン科「課題研究発表会」を開催しました

 12月5日(土)ライフデザイン科の「課題研究発表会」を開催しました。本年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止に努め、保護者の方々は参加できませんでしたが、3年間の学習の成果を発表しました。ご協力いただき支えていただいた皆様、心より感謝申し上げます。

①フードコース

 フードコースは初めての試みとして、パワーポイントを利用して個人発表を行いました。当日はポーセラーツの作品を、保護者の方宛にラッピングして会場に飾りました。パワーポイントは「食物調理1級検定」か「ポーセラーツ実習」について、約3分間程度に内容をまとめて発表しました。写真やイラストを使い、一人一人オリジナルのパワーポイントができました。会場では2年生のフードコースの生徒が、来年は自分達の番だと思って真剣に話を聞いていました。コロナ禍でも感染予防に努め、出来る限り実習を行い、食物調理1級検定の受験やポーセラーツ体験ができました。

②ファッションコース(ファッションショー) 

 ファッションコース22名はミニファッションショーを行いました。本年度は新型コロナウイルス感染症が流行し、様々な困難に見舞われました。授業ができない・材料が用意できない・感染予防のためソーシャルディスタンスを確保・消毒・マスク不足により手作りマスクの製作・・・・。本当にいろいろな目の前の課題を乗り越えてきました。予測困難な時代にファッションコースの生徒たちは、いつも前向きに、目標に向かって努力し続けました。ものを作る喜び、友と活動する協働の楽しさを知り、そして技術を身に付けました。一人ひとりが本当に輝いた瞬間でした。卒業してからもこの経験を活かし、大きく成長してください。素晴らしい課題研究発表会でした。

③保育コース

 保育コース6名は、“最後までベストを尽くす”を合言葉に、互いに励まし合いながら発表会に向けて努力を重ねてきました。ほとんどの生徒がピアノ初心者でしたが、それぞれが思い入れのある曲を選び、自主的に早朝や放課後遅くまでの練習、加えて当日も早くから集合し、開演直前まで努力をした結果、各自満足のいく演奏を披露することができました。福祉コースと合同のラインダンスも短期間の練習ではありましたが、互いにコミュニケーションを取ることによって、皆堂々と演じ成功を収めることができました。この一年間での生徒たちの成長を見ることができ、大変感動した一日でした。

④福祉コース

 福祉コース8名は、「協力する力」「明るく元気に」「楽しみながら」の3つの柱を目標に授業や実習を行ってきました。まず、車いす実習では、校内散策や買い物、アカラボランチを行いました。介添えをする人は歩く速さを考え、話しかけをしながら「明るく元気に」介添えを行っていました。トイレットペーパーの芯を使って‘家‘作りでは、トイレットペーパーの芯収集から設計、組み立て、装飾まで、「協力する力」が育まれたと思います。そして、課題研究発表会では、‘ラインダンス‘を行い「楽しみながら」全員、満点の笑顔で素晴らしいダンスを披露することが出来ました。