トップ英進・英進部長
塩野谷 英彦 

学力上位層の未来をデザインする
進学校
として進化し続ける
トップ英進部・英進部

トップ英進部と英進部は
ゆるやかな統合体として、
教育活動を展開しています。
 
 
 トップ英進部・英進部は、着実に進学実績を上げ、県内私学のトップのみならず、県立トップ進学校と肩を並べる地位を確立してまいりました。今春は、東京大学3名(うち現役2名)の合格をはじめ、東北大学7名・神戸大学・横浜国立大学・千葉大学・新潟大学・宇都宮大学など国公立大学に80名、慶應義塾大学・早稲田大学・上智大学をはじめ、いわゆるGMARCHレベル以上の大学に70名ちかくの合格者を出すことができました。まさに、学力上位層の未来をデザインできる進学校に進化し続けております。


 高校3年間は皆さんにとってかけがえのない大切な期間です。心身が最も充実していく成長過程の中にあり、それとともに今後の人生目標が明確になっていきます。この3年間をどう過ごすかは皆さん次第です。もちろん、それは勉学だけを指しているのではありません。学校では先生や友人とのさまざまな交流から信頼の心や協調することの重要性を学ぶ機会に恵まれ、放課後の部活動などを通じて沢山の価値ある経験を重ねることもできるでしょう。また、ボランティアなどの自主的な活動や、自分の趣味を通じて成長していくことも期待できます。


 トップ英進・英進部では、暗記だけではない「考える授業」を行い、「自ら調べ、まとめて、議論し、発表する」という機会を数多く設定し、国公立大学2次試験に対応するための思考力・分析力を磨いていきます。「考える力」とは、たとえば「自ら考え、独力で正解まで到達する力」のことであり、そういう力を身に付けることが、最難関大学への合格を果たし、どんな社会でも通用する人間力を高めていくことになります。


 未来社会のリーダーを育成するという教育理念を掲げる、トップ英進・英進部で生活することで「人間力」が高まり、自分の人生設計図が広がっていくのだということを理解してもらいたいと思います。


 個別ブースを備えた1階の学習室では、平日は夜8時まで、土曜や長期休暇中は夕方6時まで、常に多くの生徒が熱心に自学自習に励んでいます。進路の相談や研究が可能な進路相談室・進学資料室のほかにも、各クラスでは担任が、定期的な面談などを通して、学習の悩みや学校生活の不安についてもきちんと対応しています。
 皆さんが作新学院高等学校 トップ英進・英進部を選んでくれることを願っています。
 
 
|  学校法人作新学院  |  作新学院高等学校  |  作新学院中等部  |  作新学院小学部  |  作新学院幼稚園  |