作新 本学院における新型コロナウイルス感染者の発生と今後の対応について(1月18日)

皆様には日頃より作新学院の教育活動にご理解とご協力をいただき、感謝申し上げます。

去る1月17日、高校の総合進学部と情報科学部において生徒が1名ずつ、新型コロナウイルスに感染したことが確認されました。

このため、感染拡大を抑える予防的措置として、総合進学部と情報科学部の全生徒に対し、3日間(1月18日~20日)を臨時休校と致します。また、当該生徒の所属する部活動は1月29日まで休止と致します。
現在、保健所の指導を受け、濃厚接触者と要注意観察者を特定し、PCR検査を実施しております。再開につきましては、PCR検査の結果を踏まえてあらためてご連絡致します。

当該生徒の教室や所属する部室など、専門業者による消毒を徹底しておりますが、今後も県、市、並びに保健所のご指導をいただきながら、全校挙げて感染拡大の防止に努めて参りますので、どうぞご理解とご協力をお願い致します。       

皆様におかれましても、プライバシーや人権に十分配慮した対応をお願いするとともに感染予防対策の徹底をお願いいたします。

作新学院長 船田 元