みんなで手をつなごう!~ 災害被災地復興支援コロナ禍における福祉活動支援~

 

 

“オール作新”による支援活動災害被災地復興支援・コロナ禍における福祉活動支援のための募金活動へのご協力の御礼とお願い

 

平成23年3月の東日本大震災、平成28年4月の熊本地震、平成30年7月の西日本豪雨により、数多くの犠牲者と未曾有の被害がもたらされました。

 さらに、栃木県内及び各地で甚大な被害を被った令和元年の台風15号・19号、昨年7月の熊本県を中心に九州や中部地方等を襲った豪雨災害、今夏7月の伊豆山土砂災害と、日本各地で大きな災害が立て続けに起こっております。

 作新学院では、園児・児童・生徒・保護者・教職員など学院関係者の持つすべての「作新力」を結集し、“オール作新”によって災害被災地への支援活動を展開してまいりました。これまでご協力いただきました募金は、日本赤十字社などを通して被災地にお届けしております。

また、昨年度は、新型コロナウイルスによる感染症拡大に伴い、その対策に尽力くださっている医療従事者・福祉施設の皆様への支援も行いました。ご賛同いただきご協力いただいた義援金や物資は子どもたちのメッセージと共に各機関・施設にお届けいたしました。

また、この度の「令和3ねん7月豪雨災害」被災地支援のための募金活動でも、ご協力いただきありがとうございました。

総額 422,550円

お預かりいたしました義援金は、園児・児童・生徒たちのメッセージとともに被災された熱海市等の被災地にお届けいたしました。8月末には作業用手袋や接触冷感タオルををれぞれ100個ずつ熱海市伊豆山地区の皆さまへお送りさせて頂きましたことをご報告させていただきます。

今年度も、災害被災地の皆様と、コロナ禍における福祉活動を支援するため、創立136周年記念オンライン作新祭にあわせ、“オール作新”の支援活動として、「災害被災地復興支援・コロナ禍における福祉活動支援のための募金活動」を行います。   

 終息への見通しも立たぬコロナ禍の中にあって支援を必要としている人々は増え続け、災害復興への道のりは遠いと言えましょう。

皆様のご協力をよろしくお願い申し上げます。

 

 

1.WEB募金  学院のHP、オンライン作新祭オープニング動画をご覧ください。

2.学院内募金

日時     令和3年10月4日(月)~10月12日(火)