Q&A  よくあるご質問



Q どういう特色がありますか?

   A  環境や設備に恵まれ、優秀な生徒が県内県外各地から通学しています。
 
 約4万坪の広大な一の沢キャンパス内に幼稚園・小学部・中等部・高等学校(英進部・総合進学部・情報科学部)があります。中等部の生徒は作新学院高等学校各部へ進学を希望することができます。また、公立の高校や県外の私立高校も一般受験ができます。進路の決定は保護者と本人の意思を尊重します。



Q 中等部へ合格できる得点の目安はどれくらいですか?

   A 合格の目安となるラインは毎年約70%の得点です。つまり280点程度です。

 学科試験は国語・社会・算数・理科の4教科で400点満点です。また、面接はグループ面接で合否の判定資料に致します。なお、合否は合計点と面接で総合判断します。(男女別の募集ではありません。)



Q 
これまでの入試問題を見たいのですが?

   A 声の教育社(03-5261-5061)より過去5年間の入試問題集が発売されています。

 学校説明会に参加されれば前年度の入試問題を差し上げます。(解答はついていません。)また、学校説明会では上記の問題集を販売(2052円)いたします。



Q 卒業時に他の高校も受験できますか?

   A 公立の高校や県外の私立高校に一般受検(受験)することができます。

 作新学院高等学校の希望する部(トップ英進部・英進部・総合進学部・情報科学部)を受験し、公立の高校や県外の私立高校も一般受検(受験)することができます。



Q 奨学金制度があるそうですが?

   A 毎月30000円を1年給付します。返還の必要はありません。また、毎年審査があります。

 1年生は入学試験の成績が特に優秀な生徒に給付されます。合否通知で特別奨学生・奨学生・小学部生枠奨学生・準奨学生合格の通知を受けた受験生が対象です。2・3年生は前年度の成績が優秀で作新学院高等学校を第1志望にする生徒に給付されます。

1 特別奨学生:毎月教育充実費として3万円給付・入学金施設費免除・1学年のみ・返還義務なし
2 奨学生:毎月教育充実費として3万円給付・2年次に再考査あり・1年次における返還義務なし
3 小学部生枠奨学生:毎月教育充実費として3万円給付・2年次に再考査あり・1年次における返還義務なし
4 準奨学生:毎月教育充実費として1万円給付・2年次に再考査あり・1年次における返還義務なし