一日体験学習が行われました!

 8月4日(土)・5日(日)の2日間、一日体験学習が開催されました。
 天候にも恵まれ、5,000人を超える中学生、先生方、保護者の皆様のご参加を
いただくことができました。ご協力くださいました保護者の皆様、中学校の先生方、
誠にありがとうございました。

 今年は初の試みとして、全体説明会の後をフリー見学とし、部を越えて好きなところを
見学いただけるようにしました。
 また、模擬授業や部活動も自由に見学いただけるので、好きなタイミングで興味のある
場所を見ることができ、中学生の皆さんにも大変好評でした。


 希望の学部で受付を行った後、クーラーの効いた教室内で全体会を行いました。
 各教室内に設置されたモニターで、船田元学院長、長谷川高等学校長、三木生徒会長のあいさつが放送され
ました。
 その後、教室を担当している高校生から概要説明がなされ、そのまま各部にて自由見学となります。

 敷地の広い作新学院では、一か所に集まって全体説明会を行うより、教室からすぐにその部を見学できる形式の説明は、時間に無駄がなく効率的に見学できると好評でした。
 英進部では、SSH(スーパーサイエンスハイスクール)に指定された理数教育の成果を披露すべく「やってみようわくわく理科実験」のコーナーを開設。 パネルでの解説のほか、実際に実験を行いました。参加者である中学生たちが見入っている姿が印象的でした。
  総合進学部や情報科学部では、学部や高校で学ぶ教科の紹介のほか、実技系科目の見学や体験を行いました。
「プチコンピュータ体験」でパソコンの操作を体験したり、自動車整備士養成科でカーメカニック体験を行ったり、電気電子システム科では2足歩行ロボットの操作を目の当たりにしました。
 普段は目にすることのできない設備や実習に触れ、作新学院高校を体感できたのではないでしょうか?


この一日が、皆さんの高校選びの参考になれば幸いです。